MENU

【雑記】田舎のGと都会のG

田舎者と都会者

生まれも育ちも違う奴等

夏ですね。

夏といえば、ヤツの季節です。

日本では北海道以外に生息している(らしい)という、黒光りするアイツ

……ところで、発見した瞬間にコブラのオープニングが脳内で鳴り響くのは筆者だけでしょうか。まぎれもなく……ヤツ、か?

図太い田舎者

気のせいかはわかりませんが、Gって田舎と都会で性格が違う気がしません?

なんだか心なしか、田舎の方が堂々としているような気がします。

 

まあそれも、田舎のほうがエンカウント率が高いぶん、彼らも人間と相対しても緊張しないのかもしれませんね。

 

そういえば昔、山で友達と遊んでいた際に(これだけで田舎育ちとバレる)、木の根元にある穴に制汗スプレーを吹きかけてカブトムシやクワガタをあぶりだす、という遊びをしていたことがありました。

案の定カブトムシやクワガタは出てこず、何回やっても山育ちの屈強なGが出てくるだけだったことを思い出します。

 

とまあ、遭遇しても人間から逃げる動作もなく、下手すれば立ち向かってくる田舎のG。ある意味ガッツがあるのかもしれません。

 

スマートな都会者

田舎のGに比べ、都会で出会うGはなんとなくスマートな感じがします。

まず田舎と比較すると、そもそも遭遇率が低い。

繁華街の裏路地とか行けば流石に見つけられますが、そういう例外を除けばやはり(田舎に比べ)遭遇率はあまりありません。

 

そもそも絶対数が少ないのかもしれませんが、都会のGはどうも隠密性に優れているような感じがあります。

闇に隠れて人知れず生きる、まるで妖怪人間のような業を背負っているG。

しかし一度遭遇すると、まれに牙を向いてくるのは野生の本能でしょうか。

 

そんな嫌われ者としての一面は、都会のGの強みといえるのかも。……なんの強みなんだか。

 

結論:よくわからん

結局のところ、育ちによって差があるのかは分かりません。

詳しい結果は専門家に任せ、我々は勝手にああでもないこうでもないと考えるのが楽しいラインなのかもしれません。

 

荒々しく豪快な、まるでハルクのような田舎のG。

ひそかに、そして大胆に。女スパイのジョアンナ・ダークのような都会のG。

彼らの習性が明らかになる日は来るのでしょうか。