MENU

【アイマス】「ボディバランス計算式」をアイマスキャラに当てはめてスリーサイズを計算した結果

アイドルマスターキャラのスリーサイズ比較

はじめに

ふとネットサーフィンに勤しんでいたところ、「ボディバランス計算式」というものを発見しました。

別件でアイマスキャラのデータをCSVで収集していたので、ふとこの計算式に各キャラのプロポーションを当てはめてみたらどうなるかな?と思いたち、計算してみました。


比較方法あれこれ

ボディバランス計算式とは?

下記リンク先様によると、理想とされるスリーサイズの計算式は次のようになります。

  • バスト:身長 × 0.52~0.53
  • エスト:身長 × 0.37~0.39
  • ヒップ:身長 × 0.53~0.54

理想のプロポーションを測定!最適なバストサイズやウエスト|カロリン

すべて身長依存で計算する、というところに特徴があります。

つまり、「これくらいの身長ならこんなスタイルが理想」という計算式ですね。

今回はこの数値の小さい方の値を使って検証していきます。

計算前の予想

身長から計算されるということは、低身長キャラが有利高身長キャラは不利になりそうな予感はします。

また、結構この計算式、実際の日本人女性平均とは結構傾向に差があるように思えます。

例えば身長が日本人女性平均の158cmの場合、計算式と平均値(某所より入手)は下記のようになります。

項目 理想値 平均値
バスト 82.16 84.0
エス 58.46 63.0
ヒップ 83.74 86.0

平均値と比較すると、痩せ気味のプロポーションとなるようです。

それにしてもウエストの差が大きい。クビレが大きい方が理想のボディに近い、ということらしい。


それと、プラス優位が2つ、マイナス優位が1つということで、3つとも大きいスタイルは総合的に高スコアとなってしまいます。

要は100/100/100とかのドラム缶体型ですね。

これについては、前提として「アイドル」を対象としているので、そんなトンデモ体型はいないものとして考えます。

……いないよね? 少なくとも現状では。

計算実施の前に

今回の計算は、765・876・シンデレラ・ミリオンのアイドルを対象に計算しています。

なお、以下のキャラはスリーサイズ情報が非公表のため除外。

大沼くるみ、双葉杏、佐藤心、桜井夢子、玲音

合計235人のアイドルが対象となりました。


あ、あと数字は某wikiから引っ張ってますが、結構間違いが多いらしいので、そのあたりはご容赦を。気づいたら修正します。

というか計算中に2箇所間違いがあったので、他にも多分あると思われます。

計算方法

今回は簡単に、数値の大小を比較してみます。

比率のがいいのかなとも思いますが、とりあえずは数値で。


各アイドルについて、各項目の「理想値-実寸値」を計算。

バスト・ウエスト・ヒップごとにスコアを計算し、その合計を総合スコアとします。

バスト、ヒップについては「大きいほどスコアが上」、ウエストは「小さいほどスコアが上」として計算します。


例としてひとり計算してみましょう。こういうときの出番はやはり天海春香さん

春香(158cm、83/56/82)の場合、スコアは以下のようになります。

(身長:158cm)

項目 理想値 測定値 スコア
バスト 82.16 83.0 0.84
エス 58.46 56.0 2.46
ヒップ 83.74 82.0 -1.74

この各スコアを合計した「0.84 + 2.46 + -1.74 = 1.56」が春香の総合スコアです。

理想値通りなら総合スコアはゼロになるので、理想値よりもプラスの良い結果となります。

また、このことから春香さんは、「理想体型に比べてバストは普通、ウエストが細いけどヒップが小さい」ということが言えるようです。


こんな感じでアイドル235人についてスコアを算出し、ついでに偏差値を計算してみます。

計算結果

計算結果一覧

件数が多いので折りたたんでおきます。

詳細は省略。

考察:上位アイドルについて

身長が高いほうが不利、と言ったな。あれは嘘だ

……いや、まんざら嘘ってわけでもないんです。現に上位は155cm~160cmが多いですし。1位を除いて

そう、1位はぶっちぎりで最高の胸囲を誇る、及川雫さん。唯一の1mオーバーは伊達じゃない。

さすがのあずさや貴音でも、この差には太刀打ちできませんでした。


というか、むしろあずさや貴音、雫のような高身長巨乳キャラは大して有利にならないはずなんですけどね。雫さんも170cmあるし。

身長に応じて(結構無茶な)数字を求められるはずなのに、それを圧倒的な数字で打破した雫さんでした。


他の上位を見ると、早苗さん菜々さんじゅうななさいかな子などが結構な健闘を見せています。

早苗さんや奈々さん、スタイルの割に低身長ですからねぇ。

ちなみにかな子はエストで大きなマイナスを喰らうも、バストとヒップで更に大きなプラスを叩き出しての高順位。

なんてアメリカンなヤツなんだ……。


それと、765ASでのトップは律子でした。

まあ前述の通り高身長は不利なんで、低身長かつスタイルの良い律子が高順位に来るのは妥当か。

考察:中盤アイドルについて

偏差値が50近くのアイドルは、新田美波・古賀小春・中野有香・藤原肇・宮本フレデリカ・柊志乃・高槻やよい、あたり。

この中では高身長組の美波と志乃はウエストで高得点を出しています。素晴らしきクビレ。

どうやらウエストは高身長の場合、比較的得点源になる模様。高身長スレンダー陣の稼ぎポイントか。


やよいがこの辺りというのは少し以外。まあ、年相応ということでしょうか。

ついでにいおりんはもう少し下の順位。バストとヒップの減点が痛いところでした。


それとELLIEこと水谷絵理さん、実寸と見た目に差異があると噂があります。実寸よりも補正されている値だとか。

まあアイドルですし、(そういう設定の有無はともかく)それを言い出すと他のアイドルはどうなんだってことにもなるので、置いておきましょう。

考察:下位アイドルについて

下位については、まず年齢的に無茶なところがあります。

小学生組くらいは設定的にも数値的にも怪しいところがあるので、このあたりは仕方ないところでしょう。


諸星のきらりが相当下位なのは、なんとなく予想通りでしょうか。

だってきらりの身長での理想値は(94.64/67.34/96.46)。さすがにこの数値は厳しい。


逆の意味で下位となったのは、やはり千早さん悠貴さん

悠貴さんに関しては偏差値が20を下回るという、もはやよくわからん数値に。

エストでは相当スコア稼げているんだけどね……。かな子とほぼ逆の現象。


あ、あとどさくさに紛れて、下位アイドルの中に涼ちんが混じっています。

彼(彼女)はパッド込みの値だそうなのであしからず。

おわりに

勢いで計算してみたので、いろいろと誤りやスコア算出方法に色々あるかと思いますが、ひとつの指標ということで。

計算上いわゆるロリ巨乳キャラが優位になるかと思いきや、1位はぶっちぎりで雫さんだったあたり面白いですね。

当初の目的であったアイドルのcsvデータも集まったので、暇があれば他にも色々やってみようかと思います。