MENU

【アイマス】SideM前日譚のEpisode of Jupiter感想

新生ジュピターの物語

SideMの前日譚

来週から始まるSideMの前日譚として、「Episode of Jupiter」が放送されました。prologue SideMということで、アニメ本放送の直前をジュピターメインで描いております。

※感想なのでネタバレありです

オープニングからアリギル 

オープニングはいきなりの「Alice or Guilry」。いやーアイマス2を思い出して懐かしい。

やはりSideM側の作画に合わせてか、アニマスの時よりも大人っぽく見えますね。

というよりもアニマスがデフォルメされていた、という感じでしょうか。ゲーム(アイマス2)のときは今回くらい頭身高かったような覚えがあります。

そしてちらほらとアニマスで聞き覚えのあるBGMが、これまた懐かしい(早くも2回目)。

 

ジュピターは以前にも増して、3人の結束が固くなった様子。それなりに年齢は離れているはずが、冬馬の家に集まってご飯食べながら会議していたり。

そういえば3人が食べていたカレーは、冬馬手作りのようです(放送後のCMより)。ということは、あの家は冬馬の家かな。さすがトップアイドルは料理も一流。

人気があるがゆえ 

961を脱退してから約一年後。主に北斗がセルフプロデュースを行いつつ活動しているジュピター。元々人気アイドルだったためか、ファンも相当数いる様子。

スタッフとともに作るライブは順調そうですが、どうしても人手が不足してしまう。セルフプロデュースの限界と、その結果ファンを悲しませてしまう現実。

恥ずかしいくらいに一直線な冬馬たちにとっては、とても厳しい出来事です。

パッション溢れる315プロ社長

そんな中、熱烈な(ストーカー的)勧誘を行う315プロの斎藤社長。やたら良いボイスでジュピターを新規事務所へ誘います。このテンションだったらシンジ君も……もっとダメか。

この溢れるパッション、346なら言うまでもなくパッション所属。PaPになったら一部の暴走系アイドルとも上手くやれそう。

 

そんな斎藤社長、どうやらアニマスでも活躍した善澤さんとも顔馴染みの様子。アニマス21話で登場した例のバーで話していましたし。

他の765高木社長・961黒井社長との面識は不明。961のおっさんと面識あったらさすがに誘わないか? いや、だからあえて……とかも?

活躍を続ける765プロ

今回765で唯一声付きで出演した、我らがメインヒロイン天海春香さん。

ちょうど劇場版と同じシーン+その前後になります。BGMもM@STERPIECEでしたね。それ以外にも、アリーナ公演に向けて大きな宣伝がされている様子が写っていました。

 

少し前までは弱小だった765が、今やこんな勢いに……という思いは、ジュピターにもあったのでしょう。それはもちろん765アイドルたちだけでなく、あのプロデューサーと事務所のサポートがあったから、だということも。

そして、315プロへ

315プロで活動することを決めたジュピターは、新たなステージへ。……というところで、このプロローグは終了。

事務所側の人間と新たな同僚アイドルの登場、そして来週以降の本編へと続いていきます。短いものの中々見ごたえのある、前日譚&新生ジュピターの物語でした。

 

また、アニメの後にはジュピター3人の声優さんが今回のアニメについて話されていました。

特に感慨深かったのは、結成当初の出来事に触れたこと。今でこそアニマスやSideMを通してかなり認知されていますが、当時の風当たりは本人たちですら「相当シビアだった」とのこと。

それでも活動を続けてきたスタッフ陣や声優さんたちがあったからこそSideMという企画があり、今のジュピターに繋がったのでしょうか。

アイドルマスターのこれから

未だ勢いの衰えないアイドルマスター連合ですが、SideMもアニメが始まり、更に勢いが強くなっていくことでしょう。

個人的には876の活躍をもう少し……とは思うのですけれど。SideMで涼ちんに動きもあったし少し前にはシンデレラでコラボしたし、これに続いて大きな動きがないかなぁと期待しています。あ、プロミでの涼ちんゲストは大感涙でした。生で「Dazzling World」聞けるとは。

 

デレ・ミリはもちろん、本家765プロもPS4で新作(しかも961の新アイドル追加!)が年末に出ることですし、 多くの動きが見れて良いですね。
fcg.hateblo.jp

 とまあ、まずは来週から始まるSideM。プロローグの出来栄えは素晴らしいので、来週からも楽しみです。

アイドルマスター SideM THE IDOLM@STER SideM ST@RTING LINE-01 Jupiter
by カエレバ