MENU

【雑記】コンビニ飯の果てに

現代の魔物

f:id:retro-gamer:20171018012619j:plain

コンビニ飯の果てに

コンビニ飯の連続

一人暮らしの味方、コンビニ。数も種類も豊富なコンビニ飯、いい時代に生まれたものです。それでも毎日続くのもどうかと思うのですけど。

それでもコンビニ飯には、中々卒業することのできない魅力がある、と思うのです。

1.飽きない

コンビニも種類ありますし、コンビニ内でも弁当からパン、冷食と、種類は豊富。ローテーションしていれば当面飽きることはありません。

どうしても個人の好みである程度傾向は出てきますけど、それは仕方ない。美味しいものは美味しいですし、少なくとも「コンビニで買う飯飽きたなー」ということはありません。今のところ。

2.美味い

下手に自炊するよりも美味い、というのもポイント。もちろん自炊能力にもよりますけど、そもそも自炊する能力も労力もなかなか無いのです。

 コンビニ飯と侮るなかれ、最近は弁当も冷食も十分美味しいので、一人暮らしには非常に助かります。美味くて準備いらず、というのは大きい。

それに、前述のとおりいろいろなジャンルがあるのも良いところ。和洋中とそれなりの値段で豊富な種類がありますから、より一層飽きるということからは遠ざかります。

3.片付けも楽

ゴミを捨てるだけですもんね。自炊だと片付けが中々面倒くさいんですよね。洗い物もですし、流しの掃除もですし。作るのも楽なら片付けも楽、というのが素敵なところ。

洗い物が少なくなる、というのはものぐさ人間にとっては素晴らしいポイント。どれだけ日常生活の労力を減らすかを考えて生きている人種にとっては結構な死活問題。

また、生ゴミも(残さなければ)出ないので、衛生的にも若干良い気分になります。ちゃんとゴミ出しすれば気にすることはない程度ですが。

4.健康的不安はある

実際のところどうなんでしょうね、コンビニ飯の健康面。まあ自炊よりも良くなることはないでしょうけど、体に悪いと言われてもどれほどのものなのか。カップ麺ばかりだと数ヶ月で体を崩す、と聞いたことがありますが、コンビニ飯だともう少しはマシのようには思えます。

まあ、脂っこいものだけを毎回毎回食べていたらそりゃあ体に悪いと思うので、コンビニ飯暮らしをするにしても、どうにか野菜を食べる努力はしないといけないとは思いますけれど。

まとめ

結局のところ、美味くて便利、というのが大きいんでしょうね。値段もよほど切り詰めた自炊じゃない限り、あまり変わりませんから。コスパを本当に気にするならもっと考えた食生活にしなければいけませんが、それならそもそももっと日常生活で切り詰める場所があるような。

そもそも自炊しない以上コンビニ飯になるのは当然といえば当然なんですよね。他に選択肢ないし。毎日出前だと、値段も健康面も更に気になるようになってしまいます。

ただ、やはりコンビニ飯が続いてしまうと健康面は気になるところではあるので、今後も気にはしていきたいところですね。定期的な食生活の見直しとか、健康診断の結果を気にするとか。

コンビニかけ合わせグルメ
by カエレバ