MENU

【雑記】和月伸宏書類送検で、るろ剣北海道編は?

やけにアクセス伸びてると思ったら

久々の大きなニュース

るろうに剣心」で有名な和月伸宏氏が児ポ法書類送検、というニュース。今日の昼過ぎくらいから各メディアで報道されていますね。

『るろうに剣心』の続編が休載 作者の和月伸宏さん書類送検 (BuzzFeed Japan) - Yahoo!ニュース 

その影響か、当サイトで以前から書いていた「るろ剣北海道編」の感想記事のアクセスが伸びているようで。 いやあ、これ程嬉しくないアクセス増加の要因も珍しい。どうしたものか。

現状

発表を見る限り、容疑は児ポ法の単純所持の模様。自分で実際にどうこうではなく、映像等を購入して所持していた、ということか。

簡単に調べた限りでは、単純所持の場合は身柄拘束も短く、罰金刑で済むことが多いみたいです(間違ってたらごめんなさい)。

どうやらモノを購入した後に身柄を特定され、今回の書類送検と至ったようです。情報はまた出て来ると思いますので、推測はあまり書かないでおきます。

集英社の回答

ニュースソース(ヤフーニュースの記事)によると、集英社の回答としては「当面の間休載する」という発表だったようです。いつだったかのように連載終了のお知らせではなかっただけマシなのでしょうか。

まあ、当然の判断でしょう。ファンからすれば散々待ちわびていた北海道編ですが、この事件では仕方ない。

復活はあるのか?

そして、連載が再開する可能性はあるのでしょうか。

過去に逮捕or書類送検された漫画家というと、島袋光年氏や小畑健氏、押切蓮介氏などの事件がありました。押切氏の場合はまた原因も全く異なりますけど。容疑は様々でしたが、いずれにしよ復帰・連載再開はしています。

ただ、罪状が近しい島袋光年氏の「たけし!」では、休載~再開までは約3年程度の期間がありました。作者の意思などの事情がなければいずれの再開はありそうな気がしますが、まだ詳細も判明していないのでなんとも分かりませんね。余罪がなければいいですけど。

まとめ

何にせよ、当面は連載再開は無いでしょう。読者との距離が近い(コメントが多い)作家だっただけに、こういう不祥事はなんとも微妙な気持ちになりますねぇ。

るろうに剣心ー特筆版ー 上巻 (ジャンプコミックス)
by カエレバ