MENU

【雑記】ドンキの格安PC、発表

確かに値段は安い

f:id:retro-gamer:20171018012619j:plain

ドンキの格安PC、発表

ドンキの新商品

こんばんは。ブログのネタに困ったらとりあえずニュースを見る、というのが最近のルーチンになりつつあるような気がします。

さて、今日拾ったニュースですが、少し前に「とても安価な大型4Kテレビ」で一躍話題となりましたドン・キホーテ、今度は格安PCを発売だとか。

ドンキ、1万9800円のフルHDノートPC発売 「市場最安」 (ITmedia ビジネスオンライン) - Yahoo!ニュース

雑貨や服、靴、食料品など様々なジャンルを取り揃え、近隣の専門店をピンチにしているドン・キホーテですが、ついに家電も話題になるようになってきましたね。

ノートPCにしては安い

この商品、話題になるだけあって、確かに安いです。 14.1インチのフルHDで、2万円を切るお値段とな。

同じくらいのサイズのノートPCは、だいたい主流は4万~7万円あたり。もちろんスペックやメーカーによって異なるのですが、この製品が群を抜いて安いのは確実。あ、当然新品で、ですよ。

というか2万円って、タブレットでも低価格帯の値段ですものね。コスト的なライバルはPCというよりもタブレットか。

しかしスペック的には

……ですけど、スペック的にどうなんでしょうね。スペックを抜粋すると以下の通り。

  • 14.1インチIPS液晶(1920×1080)
  • Windows10 Home
  • ATOM x5-z8350(1.44GHz)
  • 2Gバイトメモリ(増設不可)
  • 32Gバイトストレージ

うーむ、これはなかなかギリギリですね、色々と。このスペックでWindows10、ちゃんと動作するんでしょうか。今時のWindowsOSでこのスペックはあまり想定されていないような。

いっそ他OSでも良かったのでは……いや、ターゲット層を考えると、それは問題外か。PCに疎い人がWindows以外のOSを使えるとは思い難いし、むしろクレームを呼び寄せそうだ。

増設できれば

CPUは諦めるとして、せめてメモリ増設できればもう少しマシかもしれません。あとMSOffice付属とか。その辺りも値段的に妥協点なのでしょうけど、結構需要ありそうな点を潰してしまっている気がします。

このスペックで使い続けて、無事にOS動くのでしょうかね。アップデートが致命傷になりそうな予感もするのですけど。速度的にも、容量的にも。

まとめ

価格破壊な感じも合わせて興味はあるのですが、これは見送りですかねぇ。利用用途からしてWebブラウジング程度でしょうけど、それならいっそタブレットの方が楽なのでは、とも思えますし。

とりあえずは様子見しつつ、アンテナは張っておこうかと思います。

週刊アスキー No.1153(2017年11月21日発行) [雑誌]
by カエレバ