MENU

【感想】機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅲ

暁の蜂起

f:id:retro-gamer:20171203144017j:plain

© SOTSU・SUNRISE

今更ですが感想をⅢ

THE ORIGINの劇場版、Ⅲの感想。忘れないうちに。

感想-アニメ-機動戦士ガンダム THE ORIGIN カテゴリーの記事一覧 - すべてのレトロゲームは雑記帳の海に消えた

暁の蜂起

前回(Ⅱ)でアルテイシア(セイラ)を残してテキサスコロニーを出たキャスバル。士官学校に合格した友人のシャアを謀殺し、まんまとシャア・アズナブルとしてジオン士官学校へ入学。

この冷酷っぷりこそ、彼の強い復讐心の現れなんでしょうね。この後もスキを見ては友人を謀殺していくことになるのですが、そのポーカーフェイスっぷりはさすが仮面の男。クワトロ時代は相当に丸くなっていたのかもしれませんねぇ。

そうして、なんだかんだ仇であるザビ家の末席・ガルマとも(表面上)友好的になる始末。更には連邦軍とのイザコザが発生した際には、これ幸いとガルマを唆して学生たちで武装蜂起まで煽動するというのだから、この頃から有無を言わさない圧力や説得力、カリスマ的人望はあったのかも。

感想

超人キャスバル

遂にシャア・アズナブルと名乗るようになったキャスバル。おそらく有能なエリート揃いの中で、運動もスポーツも抜群の成績という超人っぷりを発揮。生まれや育ち、才能以上に、きっと努力もしていたのでしょうなぁ。

それにしてもここまでの超人っぷりだと、我らがアムロ・レイとの対比が哀しくなりますね。アムロは決してそういうタイプではないですから。勿論お互いに成長した後はまた事情が異なり、一度は分かり合えたかと思いきやまた対立したりするのですが。

シャアとガルマと

ガルマは後に(ファーストの劇中で)シャアに裏切られ謀殺されることになるのですが、やり取りを見るにシャアのことを信頼しているように見えました。その理由が今回描かれているのですが、……そりゃあガルマも信頼しますよね。

シャアが今後のことをどこまで考えていたのかは分かりませんが、「今後色々と利用できる」とは考えていたのかも。事実、武装蜂起する際には大いに利用しているわけですから。

学生の武装蜂起

相当な戦力差があるものの、連邦軍に対して武装蜂起し奇襲を行う学生たち。ガルマが指揮しているように見えますが、実際の黒幕は当然シャア・アズナブル

連邦軍の調査や奇襲の手筈といい、ここでもシャアの有能っぷりが凄まじい。もうこいつひとりでいいんじゃないかな。シャアとしては淡々とやるべき目標に向かっているだけなのかもしれませんが、ガルマが惹かれていくのも無理はない。

最終的に奇襲は成功し、この武装蜂起が一因となり、ついにジオン独立戦争へと時代は向かっていくことになります。それはシャアの思惑通りでもあり、彼の復讐の始まりでもあるのでした。

まとめ

とにかくシャアの有能っぷりが目立った今回。なんとなくヘタレなイメージもありましたが、やっぱり周囲の凡人から見るととんでもない天才だったんでしょう。

そして次回は、いよいよ戦争直前となり、モビルスーツが実践へ投入されていく場面となります。……一年戦争までの前日譚、結構長いですね。

機動戦士ガンダム THE ORIGIN III [Blu-ray]
by カエレバ