MENU

【雑記】PSシミュレーションゲーム3選

今回はPSシミュレーションで

f:id:retro-gamer:20171028210341j:plain

PSシミュレーションゲーム3選

5選→3選にしました

前回はPSアドベンチャー5選としていましたが、5選だと結構コンスタントに書けないので、ちょっと妥協して3選で紹介していきます。隙を見てリライトしていくつもりですが、いつになるやら。

で、今回もジャンル分けについては下記サイト様を参考にしております。

レトロゲームFAN:http://retoro.g-player.com/

ぶっちゃけアドベンチャーとシミュレーションの区分って結構曖昧なところがありまして、恋愛シミュレーションゲームが「シミュレーション」じゃなくて「アドベンチャー」に分類されていたりもしますが、まあそれはそれということで。

モンスターファーム

あまりに有名なモンスター育成ゲーム。この「2」でいよいよもってゲームとしての凄みを増した感じがありますね。

ディスクメディアの特性を活用し、音楽CDからモンスターを再生するという素晴らしき発想により、当時大ヒットした本作。このために猿岩石の「白い雲のように」を買ったら歌も名曲だった、という体験は特定世代に馴染み深いかも(「1」ですけど)。

育成要素やモンスターの種族的な個性、隠し要素や対戦と、燃える要素満載の育成ゲームとして非常に完成度の高いゲームとなっています。

ストーリーをクリアするのも結構大変なうえに、寿命があるというシビアさもあって、プレイ経験者は結構多くの思い出が残っているのではないでしょうか。

アストロノーカ

宇宙で農家として野菜を育てる、というなんともエキセントリックなゲーム。しかし侮るなかれ、とてつもなく中毒性のあるゲームなのです。

様々な野菜の品種改良を重ね、より良質な(あるいは悪性の)品種を作り続けていくのが目的となります。品種改良はパズルのようで、遺伝の法則性を掴みつつスケジューリングをして進めなければいけません。

これがまた結構やることが多く、頭の中で調整を考えるのも非常に楽しいです。「シムシティー」などで市民の文句を聞いて悪態をつきながらもプレイしてしまう、というのに似ているかもしれません。

また、毎週のように野菜を求めて迫りくる宇宙生物を撃退するのも、宇宙農家の大切なお仕事。この撃退は、様々なトラップを配置して、その連鎖によって宇宙生物を消し去っていきます。影牢」のイメージ、というと分かりやすい(のか?)。

これもまたゲームを楽しませる程よいスパイスになるのですが、次第に宇宙生物が進化してくると撃退困難となり、大切な畑が荒らされてしまいます。そのためには新たな兵器(トラップ)を導入する必要がありますが、次第に宇宙生物はそれを上回る進化を遂げて……。うーん、宇宙農家の道は厳しい。

Gジェネレーション F

スパロボGジェネ等で激戦区のこの分野ですが、個人的にはGジェネFが傑作かなと思います。参戦作品の多さはもう素晴らしいの一言に尽きます。こんなマニアックな機体知らねーよ! というようなものがゴロゴロしているのはたまらない。

システム的にも、好きなシナリオを選択して進められるため、初心者にも易しい作りになっています。予備知識無しで難しいシナリオ選ぶと辛いけど。ただまぁいきなりアナザーをプレイしてしまうと、後にプレイするファーストあたりは超余裕になってしまうのですけれど。

機体の開発設計を進めたり、ひとつの機体を改造して強化したり、オリジナルキャラのパイロットで部隊を編成したりと、ガンダムの世界観で自由に部隊編成できるワクワク感は最高潮。これがGジェネの面白さ真骨頂、というような気がします。

Gジェネはこの後も様々なハードで続編が出ていますが、システム的に丸くなっていたり肝心の参戦機体が減っていたりと、残念な部分も多々あります。進化している面も当然あるので面白いのですが、思い出補正も相まってやはりGジェネというとGFの思い出が強いのですねぇ。

まとめ

シミュレーションという区分不明瞭なジャンルではありますが、とりあえず3選挙げてみました。どのゲームも時間をガンガン浪費させられた思い出がありますね……。

次はどのジャンルにしようかと迷っていますが、また適当に書いてみたいと思います。

家庭用ゲーム機コンプリートガイド
by カエレバ