MENU

【雑記】トルネコをやり込んだプレイヤー

素晴らしきゲーマー

f:id:retro-gamer:20171028210341j:plain

トルネコをやり込んだプレイヤー

Yahoo記事になるほど

少し前に、ニュース記事でこんなものが出ていました。

headlines.yahoo.co.jp

かの名作である「トルネコの大冒険」。1000回遊べるというキャッチコピーでしたが、それを超えて4000回もプレイしている方がいるとのこと。

その労力、さらには解析や戦略など、分析型ゲーマーとしては非常に見習うべき点が多く、尊敬の対象でございます。

 ただの運ゲー、ではなく

確かに記事の通り、不思議のダンジョンはある程度の運は絡んでくるゲームだとは思いますけど、プレイヤーの判断能力も相当大きく影響されると思います。

如何に生き残るためにアイテムやステータス管理に気を配り、敵の行動や出現データから最適な解を予測して立ち回る。もちろんアドリブが必要となる部分もありますが、基本的には経験に基づくデータによるものかと思います。

記事中にもありますが、トルネコ1はアイテム等の運要素が小さいので、思い切った攻略方法が出しにくいのもまたこういう積み重ねには良いのかも。一歩一歩確実にパターン化して攻略していく感覚は、シミュレーションやRPGゲームでは快感のひとつですものね。

ゲーマーの鑑

にしても4000プレイとは、まさにレトロゲーマーの鑑のようなお方。それほどまでに飽きさせないゲームが凄いのか、飽きないプレイヤーが凄いのか、もはやよく分かりません。

たまーにこういう「特定のゲームに特化したプレイヤー」が存在します。ゲームのプレイ方法や遊び方は人それぞれ好きなようにだと思いますから、そういう方も存在するのでしょう。個人的にはそういう方の記事やサイトは非常に面白いので、もしそういう方がいるならぜひ記事やサイトを書いて公開して欲しいものです。

そこまでやったゲームは?

思い返してみても、そこまでプレイしたゲームというのは無いと思います。どちらかと言えば広く浅くゲーマーなので、ひとつのゲームを極めるその姿勢は本当に羨ましく尊敬しています。

さすがに「タッチの仔犬を全部集められるぜ!」あるいは「ナムコスターウォーズのプロ(ハードモード)をノーコンティニューでクリアできるぜ!」という程度はいくらでもいると思いますし。なんの役にも立ちませんけど。

まとめ

分析や統計をするまで極める、というのはなかなか常人にはできることではありません。しかもこの方は実機ですし。

最近は積みゲーしてしまうような体たらくぶりなので、ゲームに使える時間を増やそうとは思うのですが……なかなか上手くいきませんねぇ。

トルネコの大冒険 不思議のダンジョン公式ガイドブック
by カエレバ