MENU

【雑記】チケキャン閉鎖騒動で思うこと

騒動からの即時閉鎖決定

f:id:retro-gamer:20171018012619j:plain

チケキャン閉鎖騒動で思うこと

ごたついているようで

チケキャンことチケットキャンプ問題、だいぶ大きなことになっているようで。

チケキャン閉鎖 何が問題だったのか カギは「ジャニーズ」「宝塚」 (ITmedia ビジネスオンライン) - Yahoo!ニュース

ポイントは商標的なところだったようですが、それよりも以前から指摘されていたように「チケットの転売」の温床となっていた方が問題だと思いますねぇ。

需要と供給と

チケットに限らず、転売すべてが悪だとは思いません。例えば地理的な制約などで購入できないものを、手間賃等を考えて上乗せした額で購入するとかは需要もあるでしょうし、供給側が存在するのも分かりますよ。

ただ、それが度を超えているのが問題な訳で。チケットで言えば、最初から転売目的で大量発注する輩がいるせいで、本来の需要側まで行き届かない事態になってしまい、原価の数倍で購入せざるを得ない状況に至る、と。

法的にどうだとかは置いておいて、本来の「需要と供給」のバランスを大きくぶち壊しているこの状況に、ようやく追いついてきたのかなぁと。

他にも転売方法はあるけれど

まあ、転売をしようと思えば、チケキャン以外にも手段はいくらでもあるわけで。他のオークションサイトだったり、SNSだったり。

以前、援助交際のニュースで警察関係者(だったかな?)が「ひとつの手段を規制したところで別の手段が生まれるだけ」ということを言っておりました。これは他の犯罪等も同様で、転売についても言えることかと思います。

なので、そもそも転売を不可能にするような仕組みがこれからは求められるのでしょう。最近ではコンサートの入場に本人確認が必要だったり、イープラスでは会員登録に携帯電話番号が必須になったりと、様々な方面で取り組みが進んでいるようです。

後は法的な整備が進むことで、少なくとも現状よりは営利目的の転売行為を減らすことができるのではないでしょうか。今後に期待したいところです。

見極めが困難?

とはいえ、例えばコンサートチケットの場合、本当に用事が急に入ったため誰かに譲りたい、という需要もあるとは思います。そのような場合、これを転売と区別するにはどうすれば良いのでしょうか。定価以上での売買を禁止する、とかはざっくり過ぎるような気もします。

まあ、先に触れた本人確認の件も考えると、他人に譲れないのを承知で購入する、という方向になるのかもしれませんね。それはそれで融通がきかないようにも思えますけど、難しいところ。

まとめ

今回の記事、若干(結構?)私見と力が入ってしまったのは、個人的に結構転売には迷惑しているからなのでした。先行きはまだ見えない部分が大きいですけど、コンサート運営側や販売側、あるいは法整備など、各方面の方々にはぜひ取り組みを進めていただければと思います。

アメリカンパーティーチケット 100枚入り グリーン
by カエレバ