MENU

【雑記】最近ジャンプを読んでいない

週刊少年ジャンプ、の話

f:id:retro-gamer:20171018012619j:plain

最近ジャンプを読んでいない

少年だったあの頃

ふとコンビニに置いてあるジャンプを目にして、そういえばもう何年もジャンプを買っていないなぁと思いました。

まさに少年だった頃は、毎週のように買っていたのですけど、いつの間にか買わなくなってしまっていたなぁ。少年漫画自体は読むんだけど。

読んでいた頃

よく読んでいたのは、いわゆる黄金期よりも後くらいだったかと思います。ちょうどワンピースやナルトが始まっていた頃でしょうか。

それよりも前、つまり黄金期の漫画も飽きるほど読みましたが、リアルタイムではなく単行本だったように思えます。たぶん。

当時を思い出してみると、今とは結構雑誌としての雰囲気も変わったような気がしますね。マガジンとかの方が変わったかもしれませんが。

懐かしの打ち切り漫画

そういえば、この時期くらいからの打ち切り漫画をひたすら集めていた時期がありました。たぶんまだどっかの本棚にあるのでは。具体的に何、という話は止めておきます。

少年週刊誌の中でも特に競争の激しいジャンプでは、1冊~3冊での連載終了なんて頻繁にありました。今でもあるのかな。

まぁ大抵何かしらの問題がある場合が多いのですが、それでもその中に魅せる点が何かはあるもの。そういうのを見つけて読むのが好きでした。

特に、たまにある終盤(打ち切り決定後)のぶっ飛んだ展開とか、面白くて好きでしたねぇ。何の漫画とは言えませんけど。

長期連載が多くなった時代

昔はドラゴンボールすらかなりの長期連載でしたけど、今では人気作になると平気で50冊を超えるくらい長期になりますね。そういう時代なのか、中々新人が出てこないのか、事情は知りませんけど。

アニメ化などのメディアミックスも、昔に比べればハードルが低くなったような。ヒット作を長く連載させていくというスタイルなのかもしれません。それはそれで良いのですが、新人のチャンスもどうにか増やせればいいんですけどね。

……まあ、ジャンプは中堅作家が月刊誌などの別冊系に移っている分、まだマシなのかも。どの雑誌がどうか、ということではないですけれど。はい。

まとめ

なんだかボヤかし過ぎて訳のわからん文章となってしまったような。

時代や流行によってトレンドは変わりますし、漫画雑誌もそれに追随するのが当たり前かと思います。しかし、やはり一番は「少年漫画」であることが重要なのかと思います。個人的には「少年漫画」だからこその面白い漫画を、やはりジャンプには期待することになるのですね。

ジョジョの奇妙な冒険 第8部 モノクロ版 17 (ジャンプコミックスDIGITAL)
by カエレバ