MENU

【雑記】ニンテンドーラボと任天堂

ニンテンドーラボ、発表

f:id:retro-gamer:20171018012619j:plain

ニンテンドーラボ

任天堂らしいような

ニュースを彷徨っていたら、ふとこんな記事が。

Nintendo Switchに新展開 段ボール製の工作キットと組み合わせて遊ぶ「Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)」始動 (ねとらぼ) - Yahoo!ニュース

これまた任天堂らしい面白さだなぁ、と思いました。ただでさえ勢いのあるswitch、これでまた加速するのでしょうか。

面白いものとは

詳細は記事を参照するとして、このような仕組みは非常に任天堂らしいように思えます。「楽しめるもの」を追求しているような。

あくまでゲームは楽しむものであり、逆に言えば楽しくなければゲームではない。そして任天堂の目指す子供やファミリー層に対して、今回のニンテンドーラボはまさにドンピシャなのではないでしょうか。

こういう「現実に触れる」もの、って子供は大好きですものね。思い返せば子供の頃は色々な遊びをしていたような気がします。現代のゲーム技術と融合することで、更に新しいエンターテインメントとして発達していくのかと思うと非常に楽しみです。

ゲームハード屋として

ファミコン時代から様々なゲームハードを世に送り出してきた任天堂。やはり子供としてもストレートに面白いのは任天堂機種だったように思います。まあ、バーチャルボーイとかもあったけれど。あれはまあ、世に出るのが早すぎたのですよ。ひたすら酔った思い出が。

その後もN64しかりDSしかり、やはりゲームメーカーとして(たまにアレなのもありますが)堅実かつ斬新という非常に難しいラインを見事に達成しているのは素晴らしい。ソフトとしても相当な実績はありますが、「楽しい体験を追求する」という意味ではハードとしての貢献のほうが大きいのかもしれません。

今後のゲームは

現在のトレンドは、やはりVRやAR、MRあたりの技術的進歩でしょうか。特にVRとホラーゲームとかの親和性はとてつもないですし。今後機器やソフト側の両方の技術が向上していき、近い未来には現実と区別がつかないようなグラフィック体験もすぐなのでは、と思います。

ただレトロゲーマーとしては、「グラフィックの良さ」は楽しさのひとつの要素であって、あくまでゲームとしての面白さに直結するものではないのかと思います。もちろんジャンル等にも影響しますけど。

例えば圧倒的グラフィックのゲームがあったとしても、ゲーム性次第では単なるリアルシミュレータにしかなり得ない可能性もあります。「ゲームとしての面白さ」、つまりゲームの本質とは……。うーん、簡単なようで難しい。

まとめ

なんだか最後は任天堂の話題から逸れましたが、このような新しい遊びを追求するのはまさに任天堂らしいと思います。今後どのような動きがあるのかも期待したいところでございます。