MENU

【雑記】寒さ、ふたたび

また寒い

 

f:id:retro-gamer:20171018012619j:plain

寒さ、ふたたび

戻ってきた寒さ

寒さが続いたり続かなかったりするこの時期。少し落ち着いていましたが、また再び寒さがやってきたようです。

いや、ほんとに寒いですよ。特に朝。もう布団から出れる気がしません。そしてどんどん遅れていく起床時間。

冬だから仕方ない

そりゃねぇ、季節に文句言っても仕方ないですけどね。冬が寒いのなんざ当然のことで、今更何言ってんだこいつってことですよ。

 ただね、やっぱどうにかならないものかなぁとは思うわけですよ。この科学技術が発達した現代、かがくのちからってすげー!ってなるような冬の過ごし方、何かないですかねぇ。

もちろん暖房器具や衣服が大変な進歩を遂げているのは承知ですよ。でも、やっぱまだまだ寒いもんは寒いのです。……うん、自分でも着地点が見えなくなってきましたね。

進化しないのが風情、ではない

例えば傘なんかは、根本的な発想というか構造は大昔から変わっていません。それは果たして今の形が最適なのか、というとそうではないと思うのですけど。

おそらく(適当なこと言いますが)今の形よりも進歩するには、技術的あるいはコスト的に見合うものは難しいのではないでしょうか。傘なんて数百円で買えますけど、仮に便利な傘が発明されたとしても、それが何万円もしたら「傘の代替品」にはならないのかもしれませんし。

同じように暖房や冷房器具、あるいは衣服も、次のレベルに進化するにはまだまだ技術的あるいはコスト的に現代では不可能なのかも。

寒さを如何に凌ぐか

となると結局、「外出しない」のが最高という結論になってしまうのですよね。なんだか今年の冬だけで何回もこの結論に至って記事にしているような気もします。

暖房の効いた部屋で布団に包まって映画でも見ているのが、やはり最高な人生の過ごし方なのではないかと思います。働いてる場合じゃねえ。

……まあ、現実的にそうはいかないので、結局毎朝眠気と寒さに抵抗しつつ外へ出ることにはなるのですが。

だからね、せめてね、休日くらい家で過ごしたいものです。積んでいるクソゲーもあることだし、それを消化しなければ……とか思ってダラダラしていると、結局何もせずに一日が終わるのですけれど。

そう、睡眠時間がやたら増えるのも冬の特徴です。そりゃ布団に入ってる時間が長いんだから当然かもしれません。そりゃ寝るよ。ショートスリーパーが羨ましい。

まとめ

とにかく、冬は寒い。そして眠い。これはもう抗いようのない事実。

もうそれ自体は諦めて、どう折り合いをつけて人生を過ごしていくか……なんでしょうなぁ。未だに折り合いの付け方は見えてきませんけど。今後の人生の課題のひとつとして、死ぬまでには見つけたいところです。