MENU

【雑記】「鳥籠の少年」とZガンダム

懐かしきZの鼓動

f:id:retro-gamer:20171018012619j:plain

「鳥籠の少年」とZガンダム

森口博子さんの新曲

CRZガンダムの書き下ろし曲ということで、森口博子さんの「鳥籠の少年」が公開されております。

Zガンダムを語る上で外せない森口博子さん。このタイミングで新曲とは、また良いですねぇ。

水の星へ愛をこめて

Zの主題歌、というとこの曲を浮かべる方が多いのではないでしょうか。この曲を聞くと、歌詞と相反した作中の展開、特に中盤~後半の悲劇が連なるシーンが頭を過り、なんとも切ない気持ちになります。

今回の新曲は比較的アップテンポですが、それでもZの場面が思い浮かぶあたり、さすがということでしょうか。

Z~ZZ期はやはり楽曲面でも恵まれていて、どの曲も素晴らしい名曲揃いなのだと思います。「サイレント・ヴォイス」「一千万年銀河」あたりはもう聞くだけで涙が。……もちろん「アニメじゃない」も好きですよ?

様々な作画を経て

TV版以降、ゲームだったり劇場版だったりと、複数の作画で描かれてきたZガンダム。まあ、それでも通しで見られるのはTV版だけなのですが。

個人的には劇場版の新作画も好きだったので、散々言われていることですが、どうにか全編新作画で描かれないものかなぁと。ZZも(カミーユ含めて)好きな身としては劇場版ラストシーンは難しいですけどね。もちろん大団円として好きなのですが、アレで逆シャアに繋がるのかという疑問もありますし。

まとめ

放映から30年が経過した今でも様々な動きがあるというのは、とても素晴らしいことだと思います。どうかその流れがよりファンが望む方向へ進んで欲しいものです。

機動戦士Ζガンダム -星を継ぐ者-
by カエレバ