MENU

【感想】DEVILMAN crybaby 9話

9話感想

f:id:retro-gamer:20180113144423j:plain

©Go Nagai-Devilman Crybaby Project

蘇るデビルマン

DEVILMAN crybaby」の感想、9回目。

最終話手前の大惨劇。

9話感想

牧村美樹に迫る危険

不動明が悪魔であることが判明し、牧村美樹をも悪魔だと信じ込んだ周囲の人間たち。また、美樹のポエム公開も拍車をかけ、牧村邸に殺意を持った人間たちが押し寄せてきます。

一方、人間たちの争いをデビルマンとして仲介しようとする明。自分自身もまた人間の心を持っており、人間を信じているからこそ、傷つき涙しながらも止めることができているのでしょう。

裏切りの幸田

そして、明に助けられたにも関わらず明を裏切り、デーモン側に付いた幸田。この幸田の攻撃から、怒涛のデビルマン対デーモンの対決が始まりました。

同じ頃、牧村邸は不良たちやミーコにより死守されていたものの、多勢に無勢。殺意を持った人間の力は凄まじく、ミーコの助けを借りて辛くも美樹は牧村邸を脱出。

ミキとミキ

ミーコが以前から抱えていた、美樹への複雑な思い。それもすべて承知の上で、大切な友達として付き合っていた美樹。ミーコが体を張って美樹を逃そうとしたのも、彼女もまた美樹のことを大切に思っていたから。

ミーコから渡されたバトンを胸に、暴漢たちから走って逃げる美樹。陸上部という設定は、この受け渡されていくバトンを表現するためというのが一番大きいのかも。

9話諸々

人間に絶望したデビルマン

しかし美樹の逃亡も叶わず、結果的に不良たちやミーコ、美樹は皆殺しに。

美樹がいる限り人間たちのために戦う、と誓った矢先、その人間たちの狂気を目の当たりにし、周囲の人間を皆殺しにするデビルマン

この辺りの流れは原作通りですが、アニメだとまた原作とは違う狂気を感じ、よりグロテスクに表現されているように思えます。アニメ内でもそのシーンだけ作画タッチが違いますもの。

そして神話の戦いへ

物語は最終局面、デビルマンとサタンの戦いへ。

道中は色々とありましたが、最終的な展開は原作のラストシーンと同様となるようで。

まとめ

例のシーン含め、ついにここまで表現されたか、という感じの9話。そして次は最終話、デビルマンとサタンの、デビルマンとデーモンの戦争となります。

新装版 デビルマン 漫画文庫 全4巻 完結セット (講談社漫画文庫)
by カエレバ