MENU

【雑記】ミニニンテンドー64の噂と思い出

それっぽいような気もしますが

f:id:retro-gamer:20171028210341j:plain

ミニニンテンドー64の噂と思い出

果たして噂か本当か

今日、こんなニュースが出ていました。先日のミニファミコン・ジャンプバージョンに続き、また任天堂のミニ戦略か。

任天堂が『ミニ NINTENDO64』の発売を計画中? 「N64」を商標出願(篠原修司) - 個人 - Yahoo!ニュース

ミニファミコンミニスーファミなど、昨今のレトロゲーム復刻の状況を考えると、ちょっと信憑性もあるような。少なくとも技術的には不可能ではないと思いますし。

N64もレトロゲーム、か

個人的にはN64をレトロゲームという風潮には違和感があるのですけど、確かに世間一般からすればそう捉えられるのかもしれません。もう20年以上も前ですし。

それまでのはスーファミなどの2Dドット絵が主体でしたが、ハードがN64やPSやSSなどに移るにつれて3Dポリゴンを多様するゲームが多くなり、なんだかとても楽しかった思い出が。当時の3Dモデルは今でこそカクカクで何がなんやら分からないものもありますけど、それはそれで面白かったのです。

それから20年間あまり、3DCGは著しい発展を遂げて、ゲームや映画で素晴らしくリアルな映像を提供できるようになっています。その現状と比較すると、まぁ確かにN64も「レトロ」な画風にはなるのでしょう。当時はPS2のレベルで「これもう実写じゃん」とか言っていたのですけどね。

対戦ゲームが中心だけれど

N64というと、コントローラーが最初から4本利用できることもあり、対戦ゲームの思い出が語られることが多いような気がします。「ゴールデンアイ」「マリオカート」「スターフォックス」などなどの超名作揃いですし。

実際それらも凄まじく面白かったのですが、その一方で一人用ゲームも実は充実していたのですよ。確かに、DQやFFなどのRPGはもうPSの独壇場だったので、「一人で遊ぶときはPS、友達と遊ぶときはN64」という感じもあったような気もします。

ですが、「ブラストドーザー」や「シムシティ64」、そして「オウガバトル64」など、一人用のゲームにもかなり名作は多く、よくプレイしていた記憶があります。なかなかN64の一人用ゲームは情報も少なかったですけど、それでも色々と探してはプレイしていました。

まとめ

なんだか結局N64の思い出を書いただけなのですが、本題に戻ってミニN64の噂。もし出るのであれば、対戦ゲームだけでなくこれらの一人用ソフトについてもバランスよく入れてほしいなぁと。

……ところで書いてる途中に思ったのですが、もし本当に発売するとすると、コントローラーはどうするのでしょうか。最初から4本付属するのか、別途売り出すのか。やはり対戦ゲーは4人プレイが醍醐味ですものねぇ。