MENU

【感想】SIREN ReBIRTH 7話

SIREN新漫画版、7話

f:id:retro-gamer:20180304153929j:plain

SIREN ReBIRTH

新生のSIREN

平成最後の夏にまた大きな盛り上がりがありましたSIREN。続編への期待もありつつ、漫画版の感想を。

7話感想

久々のSDK

主人公のわりに登場が少ないSDK、ようやく復帰。まあ登場人物が多い序盤は特に、オムニバス形式で話が進行するので仕方ない。中盤からは人数も減って行動も集約されてくるので出番は増えるはずです、たぶん。

校長、いいひと

さてこの校長先生、実は非常に生徒思いの良い教師、というのがSIRENクラスタの定説なのです。が、ゲームでは生前の校長の描写がなく、ゲームプレイヤーからするとやけに早い復活速度や例のセリフもあり、その辺りが不明瞭でした。

漫画版ではこれでもかというほど校長先生の良い人っぷりが描かれており、生徒や教員からも信頼される素晴らしき人間だったのだなぁということが分かります。

……そういえば、高遠先生が校長を倒して鍵を入手するイベントはありませんでした。段差ハメで一方的に殴られる校長はいなかったんだね、よかったよかった。

7話考察

校長屍人

まだかろうじて自我を保っていた校長先生。変異初期段階の半屍人であったため、でしょうか。屍人が生前の思いや習慣に基づいて行動するとか、屍人の習性に抗うとかのパターンはありましたが、こういう例は他にあったかなぁ。

ま、結局例のセリフとともに降ってくるという原作よりも変態っぷりを増した行動になってしまったのですが。

一方のSDK

警官に撃たれ崖から転落した後、謎の求導女に助けられたSDK。公衆電話に違和感を覚えているようですが、これは過去と混じった世界に閉じ込められてしまった暗示でしょうか。

また、八尾さんが読んでいるのは「天地救之伝 ‐末世過乱ノ事‐」。原作でもアーカイブに追加されるものの一節ですね。この前の一節に「今も昔もひとつとなり~」という文があり、SIREN世界観の説明がこの序盤で実は明かされている、というものです。

そして、目から赤い水が垂れるSDK。おおっと、これは原作よりも直接的な表現な気がしますが、果たしてどう扱われるのでしょうか。

まとめ

月イチ連載ということで中々もどかしいですが、まだまだ序盤ということもあり先は長そうです。それにしても校長先生、株を上げたなぁ。