MENU

【雑記】プレイステーションクラシックとレトロゲー環境

レトロゲーム動作環境

f:id:retro-gamer:20171028210341j:plain

プレイステーションクラシックとレトロゲー環境

プレステクラシック発表

ファミコンミニから始まり様々なハードの「ミニ」が発表されておりますが、いよいよプレイステーションも「クラシック」が発表されました。

PSのタイトル20作品を同梱しているとのことで、楽しみではあるのですが、まだプレイ環境が現役(だと思っている)プレステすらレトロゲーム扱いになったんだなぁ、と少し感慨深いです。まぁ20年以上前のハードですから当然といえば当然ですけど。

プレイ環境が増えるのは良いこと

さて、ここ最近で発売・発表されているものを見ると、

などがあり、往年の名ハードによる名ソフトが気軽にプレイできる環境が整ってきたのかなと思います。

代表的なソフトしかないという制約はあるものの、個人的には「昔のゲーマーには懐かしく、若年層が体験するきっかけにもなる」というメリットを非常に大きく感じます。このような取り組みはぜひ続けてほしいところ。値段も安いですしね。

今こそアーカイブ強化を

さて、当時の体験を味わうのには「ミニ」でいいかもしれませんが、そこからどっぷりと各ハードの名作ソフト(あるいはクソゲー)に浸るには、とてもソフトラインナップが足りません。そのためにもぜひアーカイブスの強化をしてほしいと思っているのですが、なかなか難しいようで。

アーカイブスはホスト機とネット環境さえあればプレイできますし、お値段も数百円からですので、レトロゲー環境には向いているのですが、如何せんまだラインナップが弱いんですよねぇ。ちょうど最近Nintendo Switch Onlineファミコン作品がいくつかプレイ可能になりましたが、やはりまだメジャータイトルしかないのが現状。Playstationアーカイブスも、増えてはいますがまだ少ないような。

このようなハードを代表するようなソフトって、リメイクやらアーカイブやらスマホやらでプレイできることも多いので、せっかくの新環境でも重複してしまうことが往々にしてあるのです。もちろん代表的ソフトをプレイしたいという需要の方があるのは当然なので、それが普通だとは思うんですけどね。

あと、プレイステーション周りのプレイ環境どうにかなりませんかね。アーカイブスやらPSやらPS2やら、現行機にまとめて欲しいものです。できればPS3/Vitaも。過去のソフトウェア資源が貴重なものになっている現在、後方互換をサポートするのもひとつの手だと思うのですけど、やはり諸々の都合で困難なのでしょうか。

他にはレトロフリークのような手段もあるものの、あれはちょっと色々な意味でマニアックだったりしますし。手持ちのソフトが使えるのは素晴らしいけど。

まとめ

そのうち64とかゲームボーイとかも出るのかなぁ、と思いを馳せておりますが、今後どうなることやら。あ、あとプレミアソフトについてもアーカイブス化してほしいのですが、それも進まなそうですねぇ。