MENU

【雑記】PSVita出荷完了と携帯ゲーム機

ひとつの時代の終わり

f:id:retro-gamer:20171028210341j:plain

PSVita出荷完了と携帯ゲーム機

PSVita出荷完了ということで

少し前になりますが、とうとうPSVitaが出荷完了となり生産が終わるというニュースが報じられていました。

PS Vitaが近日中に出荷完了へ ソニーの携帯ゲーム機の歴史途切れる - ライブドアニュース

Vitaには特段思い入れはなく、ハードを買うほどではないかな……と思い続けて今に至るのですが、PSPには非常にお世話になっていました。ソニーの携帯ゲームハードはこれで撤退となると、なんだか少し哀しいですねぇ。

携帯ゲーム機の潮流 

思えば90年台序盤から、家庭用ゲーム機の隆盛とともに携帯ゲーム機も様々なメーカーから様々なハードが登場していました。

そして家庭用ゲーム機が任天堂ソニーに(「主に」ですけどね!)統一されていったのと同様に、携帯ゲーム機も結局のところ任天堂ソニーの製品がメジャーとなっていました。……個人的にはワンダースワンとか好きだったんですけどね。

一方の任天堂も、Switchなどを考えると携帯ゲーム機オンリーの市場には微妙な気がしています。まあ確かに携帯ゲーム機というジャンル自体、スマートフォンの普及と高性能化に伴って、立ち位置が微妙になっているのも事実かとは思います。

今やゲーム市場全体を見ても、携帯ジャンルではスマホでのソーシャルゲームの独壇場。または据え置きではe-sports系のガチジャンルと、だいぶ二極化が進んでいますものね。

消えていく中で

今後、携帯ゲーム機は消えていくのでしょうか。確かにスマートフォンにその役割を取って代わられていますから、そうなるのも自然のことなのかもしれません。ポケモンをはじめとする「携帯ゲーム同士の通信」や、ニンテンドー64などであった「携帯機と据え置き機の連動」のようなことも、スマホゲーや現代据え置き機ではネットワークを介することで実現できますし。

でも、それらの土壌を作り上げたのはやっぱり当時の携帯ゲームだと思います。今後、携帯ゲームというジャンルが消えていっても、その功績と思い出は忘れないようにしたいものです。おそらくその恩恵を一番受けたであろう世代の人間として、そんなことを思いました。

まとめ

なんだか内容が発散してしまいました。まあ実際のところ、おそらく携帯ゲーム機は(現在徐々にそうであるように)スマートフォンに統合していくのかなと思っています。何個もデバイス持ち歩くの不便ですしね。高スペックは据え置きやPC、持ち運びはスマートフォン、というような感じに当面はなるのではないでしょうか。

しかしレトロゲームを愛する者としては、ゲームボーイを始めとする携帯ゲーム機が与えてくれた思い出を忘れてはならないのです。……携帯ゲーム機がレトロゲームなのかは置いておいて。