MENU

【感想】プロメア

劇場版オリジナル作品、プロメア

いよいよ公開

さて、結構前になりますが、「天元突破グレンラガン」の監督脚本コンビ新作である劇場版アニメ「プロメア」が発表された際に記事を書きました。

fcg.hateblo.jp

こちらが先日いよいよ公開となり、早速見てきましたので感想を。

あ、作品の細かい内容や考察は公開したばかりということもありますので、一応避けておきます。

熱い漢の魂

作品を通した感想としては、まさに「求めていたものを直球で投げてきた」という感じ。「グレンラガン」コンビということもあり、同じようなノリを期待していたら本当にどストレートの豪速球だった、という。

予告編からしてそんな気はしていましたが、やはり全編を通じて魂を感じる熱い作品でございました。制作側も同じ思いなのかなぁと。

そもそも要素だけ捉えてみると、カミナの兄貴に見た目も内面も似ている主人公、惑星の危機とノアの方舟、対立していた相手との共闘・宿命合体、気合、根性、そしてドリル……と、グレンラガン風味が盛り沢山。もちろん劇場オリジナル作品として単純に面白いんですけどね。

劇場版として

まぁただ、劇場版作品ということもあり、尺不足は若干感じたような気がします。サラッと進行するなぁ、という。しかしそれも演出面の効果か、非常にテンポが良く感じる場面も多かったですので、変に引き伸ばすよりは断然良いかも。

作画は結構人を選ぶかもしれません。特に序盤のガッツリ無味簡素な3D街並みとか、炎の描写とか。まあしかしそれも、個人的には中盤以降作品に入り込めば気にはなりませんでした。

あと、「グレンラガン」でアニキ役の小西克幸さんとヴィラル役の檜山修之さんが共闘していたり、「フリクリ」ハル子役の新谷真弓さんが出演していたり(「キルラキル」にも出ていましたね)と、そのあたりもちょっと嬉しかったり。

まとめ

先日公開されたばかりですが、早速もう一度見に行こうかと考えているところです。いきなり劇場版公開となった本作ですが、今後果たして他の動きもあるのでしょうか。ぜひ追ってみたいところです。


【チラシ付き、映画パンフレット】プロメア PROMARE