MENU

【感想】SIREN ReBIRTH 18話

SIREN新漫画版、18話

f:id:retro-gamer:20180304153929j:plain

SIREN ReBIRTH

新生のSIREN

今年も異界入りの季節となりました。スタッフ・演者・ファンなど、SIRENクラスタの皆様は例年通りの盛り上がりのようです。SIREN展2019も開催されているようですね。

18話感想

高遠先生と春海ちゃんと

前回までの双子×2のお話は一旦区切りとなり、今回は先生と春海ちゃんの逃走劇。逃走経路や方法には原作と若干の差異があるようでしたが、結果的なオチは変わらず。原作以上の非常にアグレッシブな行動を経て、爆散。先生、素敵な最期でございました。……ReBIRTHでもドリフ化するのかなぁ。

また、原作では軽く触れていたくらいの描写でしたが、春海と美耶子の絆について深掘りされていました。お互いに村の中で孤独であったふたりは、いつの間にか秘密の関係として仲良くなっていたようです。まあ美耶子の境遇を考えると、春海との関係性は秘密にせざるを得ないんでしょうね。このふたりの関係はラストシーンに大きな影響のある部分ですので、描写が増えるのはとても親切で良いですね。

屍人の行動

例の春海リアカーをはじめ、屍人たちは何やら建設業を行っている模様。これは何を作っているのでしょうか。終盤の違法建築物件……にはあまり見えませんが。

そういえば以前Twitterで行われていた屍人モデル募集、今回登場したモブ屍人2名が当選者だったようです。なんとなくお二方ともNew Translationを彷彿とさせるような外観の屍人となっていました。そして校長先生もふたたび再登場。出番多いなぁ。

18話考察

能天気な須田君

SDK、突然怪異に巻き込まれたり銃で撃たれたり傷が治ったりと、摩訶不思議な出来事に立て続けに遭遇しているわりに、ずいぶんと落ち着いています。さらりと美耶子への気遣いもできるあたり、鋼のメンタルです。心のキャパをオーバーしているのかもしれませんけど。

美耶子の言う「雨に濡れさせないように~」とは、傷口などから赤い水を取り込ませないようにするためですね。屍人化の進行を避けるためですが、そういえば美耶子はこの時点で結構SDKに気を許していたのでしょうか。須田君自身はあまりそう感じていないようですが、美耶子の言動を見るに結構気にかけているような。それは美耶子自身の目的のためなのか、SDKを気にしてのツンデレ的なことなのか。

高遠先生の灯篭灯し、消失

前回触れた石碑とも関連深い、謎行動ランキング上位の灯篭灯し。原作ではここで高遠先生が行うはずでしたが、スルーされておりました。まぁまだ全部の石碑倒してないですし。

しかしこの行動はラスボス戦で非常に重要になるのですが、どのように回収されるのでしょうか。石碑を倒すだけで開放されるのか、SDKあたり別の人間が実行するのか、あるいは終了条件2を再度描くのか。いずれにせよ、原作とは少しずつ行動が変化してきているようです。

まとめ

おおむね、これで初日分はようやく終了でしょうか。まだまだ先の長い異界での日々、どのように描かれていくのでしょう。

現実でも盛り上がりの増しているSIREN。続編への希望が高まります。