MENU

【感想】ドラゴンクエスト ユア・ストーリー

噂のドラクエ映画

色々と話題になっていますが

さて、先日から公開されております、「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」。ドラクエⅤを3DCG表現しているこの作品、公開前から色々な意見がありました。そして、公開後は賛否両論のラストシーンについて更に多くの感想が寄せられているようでした。

(近頃忘れがちですが)レトロゲーを主題に置いている本ブログとしては、やはり感想記事を書かなければ……と思ってはいたんですよ。ドラクエⅤ、大好きですし。それでもいまいち筆が走らなかったのは件のラストシーンのためなのですが、せっかくなので書いておこうと思います。

※ネタバレ記事になるので注意

全体的な感想

物語構成はまぁ……

とりあえずラストの展開は置いておくとして、全体的なストーリーについては正直そこまで酷いかな? という感じでした。まぁ映画の時間制約を考えると、進行上必要なところをピックアップするとそうなるよなー、という。

基本的には「結婚イベント」と「天空の勇者と魔界の扉」に焦点が絞られているため、その他についてはばっさりカットか薄く触れる程度。それはしょうがないんですけど、もうちょっと原作寄りでもよかったのでは? という感じも正直ありました。ビアンカのリボンとか指輪探しとか、その辺は拾いどころじゃないかなぁ。主人公の性格が割と軽薄な感じなのは若干イメージと違いましたが、全体的にコメディチックなノリなのでそれはそれで。ブオーンは正直いらんけど。

ビアンカとフローラも、今までの原作/派生作品とは多少異なる性格でしたが、むしろ変にアレンジの入ったものよりは良いと思います。某ボードゲームのフローラとか。

モデリング・アクション

公開前に色々と物議のあったモデリングについては、動きで見てみるとそんなに違和感はありませんでした。アクションシーンは結構動いて、爽快感もありますし。やっぱり静止画と動画では結構印象が違うような気がしますね。動きがあると、コミカルなキャラクターがより一層映えて、実は結構好きな部類かもしれません。

敵モンスターもカートゥーン寄りのモデリングで、世界観には合っていたように思えます。ただ、ゲマ様はぶっちぎりで不気味でしたけど。ひとりだけホラーゲームのような外観。子供泣くぞ。

問題のラスト展開

展開自体はよく使われるもの、ですが

さて、例のラストシーン問題については様々なところで語られているので、個人的な感想にはなるのですが。

まず、「実は今までの世界はゲーム(仮想世界)の中だった」という展開は、下記のブログさんでも触れているように、今まで多くの媒体の作品で使い古されてきたいわば古典的手法かと思います。

ドラゴンクエスト ユアストーリーを見た感想 - 平和的なブログ

それこそ「マトリックス」や「リング(らせん・ループ)」、ゲームでは「スターオーシャン3」などでも、似たような展開はあったかと思います。この手法は物語終盤を盛り上げるための、起承転結の転として機能することになります。もちろん下手に使うと、それまでの世界観をすべてぶち壊しにするというリスキーな面もあるのですが。

で、本作「ユア・ストーリー」では、この設定が上手く活かされていないため、非常に陳腐に見えるのかと思っています。例えば、プサンやマーサが「今回の設定では……」という旨のセリフを言うのは、後々の展開の前振りとして(メタ的に)映画視聴者へ語っているように思えます。しかし主人公(プレイヤー)は「ゲームの中である」という記憶を無くしてプレイしているようですので、こんなセリフを主人公に語るのは明らかにまずいでしょう。そこまでウイルスの影響があったとは思えませんし。

同じように、フローラがプレイヤーの自己暗示を解除してしまうのも、それだけを見れば主人公の本心を見透かしたフローラの善行に思えます。しかしこの設定を前提に考えると、(プレイヤーの本心がどうだったとしても)プレイヤーが設定したオプションを内部から無効化してしまうという、詐欺に近い行為に当たるのでは。

また、ラストシーンの展開もいかがなものでしょうか。ラスボスがウイルス云々は良いとしても、それに対抗し勝利した力がアンチウイルスの作成したワクチン(ロトの剣)って。主人公はやり切った感を出してますが、ほぼ何もしていないに等しいです。これでは感動も何もあったもんではありません。

そういえば、このイレギュラーによって、本来ゲームで想定されていた(されていないのかも)魔界編がカットされてしまい、プレイヤーは損をしたのでは?

ちょっと本題とはズレますが

そもそも、ウイルスの出典からして作成者は愉快犯のようでしたが、あの機器のセキュリティ対策はどうなっているんでしょうね。下手したらSAOのナーヴギア並みに人体に対して危険そうですけど、そんな機器に愉快犯のウイルスが侵入する余地があるのはとんでもない大問題です。現実でも発電所等の制御系システムへのウイルス感染は問題になることが多々ありますが、それらと同じで洒落にならない事態です。

この機器ではプレイヤーへの肉体的な影響はないかもしれませんが、少なくとも現実時間と体感時間に大きな開きを生じさせることはできるようですし、「懲役30日」やNARUTOの幻術のようなことに悪用できそうな気もします。ちょっとゲーム内容を改ざんした、という程度では済まない、大惨事にも繋がりかねない事象です。犯人もこんなスキルがあるのなら、いくらでも活用する場面はあると思うんですけどね。

また、ウイルスとアンチウイルスの挙動についても疑問が残ります。想像ですが、ウイルスはおそらくゲーム上のパラメータと内容の改ざんを図り、アンチウイルスは改ざん動作を検出した振舞い検知にて処理をしたように思えます。まぁそれらがアバターを持ちVR世界上に構築されることもあるかもしれませんが、それにしてもウイルス処理に主人公(プレイヤー)の手を介すのは何故でしょうか。普通はアンチウイルスが検出・隔離(削除)まで実施すると思いますし、プレイヤーには管理者権限もないでしょうから、プレイヤーの手に委ねる意味が分かりません。

……というのが野暮な疑問なんだろうなぁ、というのはもちろん分かってます。ただ、コンピュータセキュリティが作品の本題ではないですし、その辺りをしっかり描写する必要もないのですけど、ウイルスとアンチウイルスというのをオチにする以上、サイバーセキュリティについてもう少し描写を考えた方がいいのではなかったでしょうか。

いずれにせよ、あの世界の技術が不明なのでなんともいえませんが、もし仮に展示場(ゲーセン?)であんなことが発生したら、本当に洒落にならない事件になるでしょう。……という、余計な心配もしてしまいました。

まとめ

なんだか感想から結構逸れてしまった感じはありましたが、結局のところ「あのオチは必要だったのか?」というのがすべてです。ああするにしても、もう少し色々考慮することはあったんじゃない? とも。そのほかの部分はそこまで嫌いじゃなかったので、なんとも微妙な読了感となる作品でした。


ドラゴンクエスト ユア・ストーリー 映画ノベライズ (ダッシュエックス文庫DIGITAL)